富士山ハイキング

須山口登山歩道下部

 
TOPページ | 吉田口コース | 須走口コース | 御殿場口コース | 富士宮口コース | お鉢めぐり | 富士山ハイキング
須山口登山道は、平安時代にはすでに存在していたと言われ、宝永4(1707)年の噴火で途絶えましたが、平成に入り復活しました。 ここでは、須山浅間神社から水ヶ塚公園までの標高差約900m、須山口登山歩道の下部を歩きます。

須山浅間神社〜弁当場

御殿場駅から十里木・ぐりんぱ方面へのバスに乗り、須山で下車します。 須山浅間神社が須山口登山道の起点です。
須山浅間神社 須山浅間神社

須山浅間神社を出て、国道469号線を横切ります。左には観音堂バス停とコンビニがあります。 道祖神の分岐を左へ進み、常夜燈の前を右折すると、ふたたび国道469号線を横切ります。
国道469号線 左へ 常夜燈

集落を抜けると、草原にある貯水場の左側を通り、杉林に入ります。
国道469号線 貯水場 杉林

しばらくは杉林の緩やかな登りが続き、車道を横断すると再び杉林に入ります。 やがて砂利道を横断すると忠ちゃん牧場で川田順歌碑があります。
車道を横断 杉林 砂利道を横断

国道469号線に出たらすぐに右折し、富士山資料館へ車道を登っていきます。
川田順歌碑 国道469号線 富士山資料館へ

富士山資料館を左に見て、直進すると富士山遊歩道に入ります。 富士山遊歩道にはビューポイントがいくつかあり、やがて雑木林に入ります。
富士山資料館 富士山遊歩道に入る 雑木林

しばらく雑木林を歩くと南富士エバーグリーンラインの料金所跡に出ます。 料金所跡のすぐ先で右の山道に入り、水路の左岸沿いを歩いていけば弁当場の水源地です。 弁当場は須山地区の水源で、かつては須山口登山道の馬返しだったそうです。
料金所跡 弁当場

弁当場〜水ヶ塚公園

弁当場で水路に架かる橋を渡り、水路の右岸沿いをしばらく歩いていきます。 やがて水路と分かれると登りになり、ところどころ荒れた箇所があり、ロープが張られています。 樹林をしばらく登るとフジバラ平(小調整池)で、上方には観覧車がわずかに見えます。
水路沿いの道 水路と分かれる 登り

フジバラ平を出て、深い谷に沿って登っていくと調整池の下に出ます。 調整池の手前は右側が深く切れ落ちているので、慎重に通過します。 調整池の縁を歩いていくと、遊園地ぐりんぱの観覧車が見えます。 かつて溶岩が流れた沢を歩いていき、ハシゴを登るとゴルフ場の縁に出ます。
フジバラ平 調整池 沢に入る

ゴルフ場の縁から笹の道を登っていくと、あちこちにパイプが通っていて、やがて水ヶ塚水源に着きます。
ぐりんぱの観覧車 ゴルフ場の縁 水ヶ塚水源への道

水ヶ塚水源から広い道を歩いていけば富士山スカイラインに出ます。 左折して200m歩けば水ヶ塚公園に着きます。
水ヶ塚水源 広い道に出る 富士山スカイライン

水ヶ塚公園から御殿場駅や三島駅へのバスがありますが、富士山の登山シーズンのみの運行です。
水ヶ塚公園

水ヶ塚公園から富士宮口五合目はこちらです。  





コースタイム
須山浅間神社
0:40▽ △0:30
貯水場
1:00▽ △0:45
国道469号出合
0:15▽ △0:15
富士山資料館
1:10▽ △1:00
弁当場
1:10▽ △0:45
フジバラ平
0:20▽ △0:15
調整池
1:00▽ △0:45
水ヶ塚水源
0:20▽ △0:15
水ヶ塚公園

ハイキングコース
 宝永山ハイキング
 御殿庭ハイキング
 双子山・幕岩ハイキング
 須山口登山歩道
 須山口下山歩道
 須山口登山歩道下部
 御中道・大沢崩れ
 奥庭ハイキング
 吉田口登山道下部
 小富士ハイキング



プライバシーポリシー